クラブ奉仕委員会

委員長  圓 浄 貴 之
副委員長 木 村 喜 芳
委 員  飛弾野 貴 広
     遠 藤 隆 央
      佐々木 弘 有
     大 西 祥 太
     成 田 雅 敏

 
 
活動方針:クラブ会長方針に基づき、RIテーマ「奉仕しようみんなの人生を豊かにするために」、地区目標「世界に奉仕を地域には感謝を」「不忘感謝先人偉業」を理解し、地域環境の中で培われてきた、ロータリーの奉仕の理念を展開する。
また会員の情報の共有化を目指した「My ROTARY」の積極活用や会員それぞれの考え方を持ち寄ったクラブの運営を考える。
活動計画:地域と共に活動することにより、ロータリークラブの意義、存在を知って頂ける活動を展開する。
12月7日例会に担当例会を行う。

例会運営委員会

委員長  遠 藤 隆 央
副委員長 佐 藤 幸 治
委 員  清 水 秀 晃

活動方針:クラブの運営方針に基づき、各委員会との連携協力のもと意義のある例会運営に取り組む。
活動計画
プログラムの編成について
1) 例会出席率を高める例会内容の企画に努め、運営を行う。
2) 例会プログラムは月間テーマを尊重し、編成に努める。
3) 例会では特色のある卓話を編成する。
4) 会員協力のもと、例会運営を行う。
会報について
1) 深川RCの活動状況やその他情報の発信に努める。
2) 会報を発行し活動内容を広報する。
3) 会報にスマイルボックスの推移を計上する。
4) 深川ロータリークラブホームページを制作・管理する。
出席について
1)例会・各種会議・委員会事業に積極的に参加いただけるよう 会員間の連絡を密にする。
2) メーキャップを推奨する。
3) 例会の出席は基本であるが、欠席連絡を徹底いただき無断欠席を無くすよう促す。
4) 最終例会で100%出席者を表彰する。

親睦活動委員会

委員長  佐々木 弘 有
副委員長 寺 島 康 宏
委 員  菅 原 淳 一
     武 田 修 門
     平 瀬 文 男
     長 澤   勤
     石 川 大 記

活動方針:クラブ会長及び理事会の運営方針を理解した上で、親睦を通じて会員相互の理解を深める一助となるべく努める。
活動計画
 1)スマイルボックスの理解と協力をお願いする。
 2)毎月第一例会においての会員祝福の発表と準備。
 3)夜間例会のプログラムの計画と実施
夜間例会プログラム
 本年度も昨年同様コロナ渦の影響により計画の変更が予想されますが、 今、何が出来るのかしっかり考え会員の利益になるよう努める。
7月27日  前会長幹事慰労会(夜間)
8月31日   青少年奉仕委員会(夜間)
9月28日  観楓会(移動例会)
10月26日 RC財団・米山委員会担当例会(夜間)
11月30日 ロータリー情報委員会担当例会(夜間)
12月14日 クリスマス家族会(夜間)
1月25日  新年交礼会(夜間)
2月15日  社会奉仕委員会担当例会(夜間)
3月22日  会員増強委員会担当例会(夜間)
4月19日  観桜会(夜間)
5月31日  次年度委員会別会議(夜間)
6月28日  本年度を振り返って(夜間)

職業奉仕委員会

委員長  木 村 喜 芳
副委員長 轡 田 光 章
委 員  北 村 幸 雄
     津 田 尚 也

活動方針:職業奉仕の理念に基づき、職業上の高い倫理基準を維持し、役立つ仕事はすべて価値あるものという認識のもと、職業を通して社会に貢献することが、ロータリアンの根幹である。職業奉仕の理解を更に深め、会員間の切磋琢磨と相互理解を図りたい。
 
活動計画
1.各自の職業の高潔性を推進するために、毎月の第一例会において「四つのテスト」を唱和する。
2.8月24日、2月1日例会の例会を担当し職業奉仕の理念の理解を深める。

社会奉仕委員会

委員長  飛騨野 貴 広
副委員長 村 中 俊 二
委 員  古 田 勝 人

活動方針:私たちの地域において幅広い年齢等に合わせた奉仕活動を実践する。
活動計画
1.市内遊休地を借りて「デイプレイスふれあいの家」「サッカー少年団 深川JFC」「深川RC」3団体にて農作物の栽培管理を行う。
8月中旬以降に収穫、9月中旬頃に収穫感謝祭を開催する予定。
2.石狩川クリーンアップ作戦に」参加予定。
3.日本ファイターズ少年野球教室支援に協力実行する。
4.2510地区の社会奉仕委員会の活動に協力する。

青少年奉仕委員会

委員長  大 西 祥 太
副委員長 中 西 智恵子
委 員  荒 谷 壽 八

活動方針:青少年の健全な育成を目指し、深川ロータリークラブ会員と地域青少年との交流の機会と役割を確認する。
担当する例会では他の委員会や諸団体との連携を図り、我々自らロータリー活動を楽しみ友情を深めていくとともに、青少年奉仕活動に取り組む。
活動計画
①深川市スポーツ協会と連携し「日本ハム少年野球教室」に取り 組む。
②社会奉仕委員会と連携し「ふれあい農園」に取り組む。
③8月31日 青少年奉仕委員会担当例会(夜間)。
 3月 1日 青少年奉仕委員会担当例会。

国際奉仕委員会

委員長  成 田 雅 敏
副委員長 鈴 木 善 夫
委 員  林   憲 雄

活動方針
地区国際奉仕VTT事業に積極的に参加する。
韓国南海RCとの親睦交流を深める。
活動計画
1.地区補助金事業(WASH教育事業)への参加協力
2.例会担当(11月16日、4月5日)
3.韓国南海RC訪問

会員増強委員会

委員長  児 島 俊 一
副委員長 大 西 道 祥
委 員  宮 岸 徹 二

活動方針
クラブ会員の退会防止に努めながら会員協力のもと、地域の人材を選考し、新会員の獲得を目指す。
活動計画
1)9月7日と3月22日(夜間)の例会を担当し、会員の協力をいた
  だきながら新会員の候補者を選考する。
2)情報・広報・雑誌委員会と連携して新会員セミナーを開催する。

情報・雑誌・広報委員会

委員長  大 西 祥 太
副委員長 吉 澤 義 彦

活動方針:会員にロータリーに関する情報を提供するとともに、ロータリー精神 の理解を深め、奉仕活動への参加意識の高揚に勤める。また、クラブの活動が地域社会に向けて理解が深まるように発信する。
活動計画
(1)11月30日例会において会員にロータリークラブの情報を提供する。
    5月10日例会において市長を招き、会員に市政情報を提供する。
(2)「ロータリーの友誌」「ガバナー月信」の内容紹介を行う。
(3)新会員セミナーの実施。
  ※必要に応じ会員増強委員会と連携し開催する。

ロータリー財団・米山委員会

委員長  伊 東 由紀夫
副委員長 成 田 昭 彦
委 員  小 野 昭 郎

活動方針:ロータリー財団の使命は、ロータリアンが、健康状態を改善し、教育への支援を高め、貧困を救済することを通じて、世界理解、親善、平和を達成できるようにすることです。
またロータリー米山記念奨学事業は、将来、日本と世界を結ぶ懸け橋となって国際社会で活躍する人材を育成することです。
その理念の実現のため、会員の皆さんの理解を深め、積極的な寄付をお願いします。
活動計画
①会員一人当たり財団寄付額の目標を100$以上とする。
②10月26日例会に財団活動・ロータリー米山記念奨学事業の理解と
 寄付を募るためのプログラムを開催する。